たけ(tk)印の Ruby

GGB03124@nifty.ne.jp
たけ(tk)のホームページへ

たけ(tk)印の Ruby 日記へ:2000-05-30(火)


 FtpHD.rb : v.0.01 2000-03-20(月)  (説明)

 FTPサイト(プロバイダからもらったホームページエリアの余りを想定) に書庫を置くことによって、複数のHD(仕事場と自宅を想定)の内容の同 期をとるプログラムです。書庫には10日分だけしか入れないが、1週間に 一度実行すれば完全に同期する。

 * Archives.rb と Unlha32.dll が必要。
 * WIN専用です

 Archives.rb : v.0.08 2003-05-31(土)  (説明)

 統合アーカイバのDLL(Unlha32.dll,Unzip32.dll など)を使って、保 存したり、解凍したり、また、中身のファイルの点検したりするプログラム です。



 FtpHD.rb:

 FTPを使って、FTPサイト(プロバイダからもらったホームページエ
リアの余りを想定)を媒介にして、複数のHD(仕事場と各担当者の自宅を
想定)の内容の同期をとるプログラムです。

 require して、次のように記述すれば、 「c:\ruby」ディレクトリの最近
10日分のファイルがパックされて、FTPサイトの FtpHD  ディレクトリ
の ruby.lzh に保存される。もしFTPサイトに保存されていたファイルの
ほうが新しければ、ローカルのほうに解凍される。

 「c:\htm」ディレクトリについては「"r"」オプションにより、 下位のデ
ィレクトリも対象になる。

  require "FtpHD"
  url    = 'upload.hogehoge.ne.jp'
  id     = 'ID_for_FTP'
  pass   = 'password'
  ftpDir = 'FtpHD'
    ##
  ftphd = FtpHD.new( url , id, pass , ftpDir )
  ftphd.add( 'ruby' , 'c:/ruby'  )         ##  not recursive
  ftphd.add( 'htm'  , 'c:/htm' , "r"  )    ##  recursive
  ftphd.run



 Archives.rb:

 統合アーカイバのDLL(Unlha32.dll,Unzip32.dll など)を使って、保
存したり、解凍したり、また、中身のファイルの点検したりするプログラム
です。


powered by VZ editor (DOS) .. (^_^;) .. and ..
Link to KOJIRO .. and .. Link to netscape ?? (^_^;)