『魏志倭人伝の音訳漢字から当時の50音図を推定する』

たけ(tk)GGB03124@nifty.ne.jp談話室

2000-04-29(土):『卑弥呼=ひみほ』から『魏志・・推定する』を分離した。
1999-11-03(水):『卑弥呼=ひみほ』を公開

 『日本の古代1、倭人の登場』(中公文庫)の森博達さんの『「倭人伝」 の地名と人名』を元に、たけ(tk)が勝手に推定しているものです。

 元にした表は、大三元さんからいただきました。  中国語の上古音、中古音は『学研・漢和大字典』によっています。2002-01-05(土)


【推定音の集計】 ┌─┬─┬──┬──┬──┬─┬───┬─┬─┬─┬─┐ │*│あ│かが│さざ│ただ│な│はぱば│ま│や│ら│わ│ ├─┼─┼──┼──┼──┼─┼───┼─┼─┼─┼─┤ │あ│・│か・│・ざ│た・│な│・ぱ・│ま│や│ら│わ│ │い│い│きぎ│しじ│ち・│に│・ぴ・│み│−│り│ゐ│ │う│・│くぐ│・・│つづ│・│・ぷ・│む│ゆ│・│・│ │え│・│・・│せぜ│てで│・│・ぺ・│め│え│・│ゑ│ │お│お│こご│そ・│と・│の│ほ・・│も│よ│ろ│・│ └─┴─┴──┴──┴──┴─┴───┴─┴─┴─┴─┘ 【推定音がア列のもの】 【推定音がイ列のもの】 【推定音がウ列のもの】 【推定音がエ列のもの】 【推定音がオ列のもの】  * 『卑弥呼=ひみほ』で問題にしたのは、上の表のうちの「こ」と「ほ」です。2002-01-05(土)
* 中国語原音の表記で「i」の介音はすべて小文字の「i」で表記してい ます。『ことばと文字』p.152 によると、当時の北方音には、この口蓋 的介音 -i- をもつ〔-iEi〕韻に対して、非口蓋的介音 -I- をもつ点 のみが異なる〔-IEi〕韻があった。として、小文字の 「i」と大文字の 「I」で区別されています。しかし、WEB上では「I(大文字のアイ)」 と「l(小文字のエル)」との区別が困難なので、両方とも「i」と表記 します。 2000-04-29(土)  * 「h^」は特殊な発音記号で 「h」の上が曲がっている形の記号です。 (「<匣>母」といいます)。呉音では 「ワ行」に読まれ、 漢音では 「カ行」に読まれています。現代日本語の「ハ行(HA)」には対応してい ません。(実際の中国語の音は「ハ行(HA)」に近かったと思いますが、 当時の日本語にはハ行(HA)がなく、パ行(PA)、カ行、ワ行の発音しかで きなかったのです。現代日本語の「ハ行(HA)」に繋がるのは古代日本語 の「パ行(PA)」です。古代中国語の「h^」音はそれとは離れた音なので、 現代のハ行(HA)には繋がらない、ということです)。2000-04-29(土) 2002-01-05(土)。  * 魏志倭人伝で使われている「h^」文字は、次の4個です。すべて、主 母音の前に「u」がついた発音の文字が使われています。( 「合口字」 といいます)。当時の倭人のワ行は<匣>母の合口字 (h^u..)の発音 に似ていた、ということになるでしょう。    ワ行を表現するためには先頭子音のない「ua」のような文字も使用で きたはずですが、使っていません。(「倭人」の「倭(uar ua)」は倭 人伝の作者による音訳漢字ではありません) 2000-04-30(日)  【「h^」音(<匣>母)の漢字】 ──────────────────────────────── 字 上古音 中古音 韻 推定 群:用例。備考 C V C V CV ──────────────────────────────── 華 h^ uag h^ ua 麻2 WA1 2a:華奴蘇奴国。合口(p.196) 越 h^ iuat h^ iuΛt -t WAt 4b:烏越。Hはワ行音(安本) 獲 h^ uak h^ uεk -k WAk? 1b:獲支(WAk+KI)。K音先行。合口(p.196) 爲 h^ iuar h^ iue 支 WI1 2a:為吾国 ────────────────────────────────  【「h^」音(<匣>母)以外でワ行と推定される漢字】 ──────────────────────────────── 倭 . uar . ua 歌 WA1 1a:倭人。合口(p.196)。 ────────────────────────────────  
【推定音がア列のもの】 ──────────────────────────────── 字 上古音 中古音 韻 推定 群:用例。備考 C V C V CV ──────────────────────────────── 奴 n ag n o 模 NA4? 1a:奴国 。1a:模→A/U/O 盧 hl ag l o 模 RA4? 1a:末盧国。1a:模→A/U/O 都 t ag t o 模 TA4? 1a:伊都国。1a:模→A/U/O 馬 m ag m a 麻2 MA1 1a:対馬国、邪馬台国 馬 m ag m a 麻2 MA1 1b:ジ馬觚 邪 ng iag z ia 麻3 YA2? 1a:邪馬台国。1a:邪→YA/ZA 馬 m ag m a 麻2 MA1 2a:斯馬国、邪馬国 巴 p ag p a 麻2 PA1 2a:巴利国 華 h^ uag h^ ua 麻2 WA1 2a:華奴蘇奴国。合口(p.196) 姐 ts iag ts ia 麻3 TA2 2a:姐奴国 邪 ng iag z ia 麻3 ZA2 2a:伊邪国、邪馬国 邪 ng iag z ia 麻3 ZA2 4b:掖邪狗 那 n ar n a 歌 NA1 1b:彌彌那利 多 t ar t a 歌 TA1 1b:多模 倭 . uar . ua 歌 WA1 1a:倭人。合口(p.196)。 佳 k eg k ai 佳 KA4? 1b:奴佳{革是}。KA/KE。 百 p ak p Λk -k PAk 2a:已百支(HAk+KI)国。K音先行 獲 h^ uak h^ uεk -k WAk? 1b:獲支(WAk+KI)。K音先行。合口(p.196) 掖 d iak y iεk -k YAk? 4b:掖邪狗 難 n an n an -n NAn 4b:難升米 邑 . i∂p . i∂p -p YAp 2a:呼邑国 末 m uat m uat -t MAt 1a:末盧国。合口(p.196)。 越 h^ iuat h^ iuΛt -t WAt 4b:烏越。Hはワ行音(安本) 韓 'h an ('h an) HAn (狗邪韓国?) 馬 m ag (mb a) BA1 (対馬国) 末 m uat (mb uat) BAt (末盧国) 大 d ar (d a) DA1 (一大国) 那 n ar (nd a) DA1 (彌彌那利) 大 d ad (d ai) DA3 (一大国) 難 n an (nd an) DAn (難升米) 邪 ng iag (y ia) YA2 (邪馬台国) ──────────────────────────────── * あかがさざただなはぱばまやらわ 模:・・・・・た・な・・・・・ら・(上古音、p.204) 麻:・・・・・・・・・・・まや・・(上古音) 麻:・・・・ざた・・・ぱ・ま・・わ(中古音) 歌:・・・・・た・な・・・・・・わ 佳:・か・・・・・・・・・・・・・ -x:・・・・・・・な・ぱ・まや・わ ─────────────────── あ:・か・・ざた・な・ぱ・まやらわ * 邪馬台国:じゃまでぃ国? * ア列にも甲乙(甲乙丙)がある??。
【推定音がイ列のもの】 ──────────────────────────────── 爾 n ier... (r ie) RI1 (爾支) 壹 . iet . iet -t YIt 邪馬壹国?、壹与? 一 . iet . iet -t YIt 1a:一支国・(一大国) 伊 . i∂r . ii 脂 YI2 1a:伊都国 伊 . i∂r . ii 脂 YI2 2a:伊邪国 伊 . i∂r . ii 脂 YI2 4b:伊声耆 耆 g ier g ii 脂 GI2 4b:伊声耆(-ng gii)。老いる・老人 爲 h^ iuar h^ iue 支 WI1 2a:為吾国 鬼 k iu∂r k iu∂i 微 KI4? 2a:鬼国、鬼奴国。貴はキ乙。 離 l iar l ie 支 RI1 1b:卑奴母離 利 l ied l ii 脂 RI2 1b:彌彌那利 利 l ied l ii 脂 RI2 2a:巴利国 利 l ied l ii 脂 RI2 4b:都市牛利。去声字(p.193) 彌 m ier m ie 支 MI1 1a:不彌国 彌 m ier m ie 支 MI1 1b:彌彌、彌彌那利。 彌 m ier m ie 支 MI1 2a:彌奴国 彌 m ier m ie 支 MI1 4a:卑彌呼、卑彌弓呼。 爾 n ier... n ie 支 NI1 1b:爾支 卑 p ieg p ie 支 PI1 1b:卑奴母離、卑狗 卑 p ieg p ie 支 PI1 3b:狗古智卑狗 卑 p ieg p ie 支 PI1 4a:卑彌呼、卑彌弓呼 斯 s ieg s ie 支 SI1 2a:斯馬国 斯 s ieg s ie 支 SI1 4b:載斯 智 t ieg t ie 支 TI1 3b:狗古智卑狗。去声字(p.193) 支 k ieg t∫ ie 支 KI1 1b:獲支(WAk+Ki) 支 k ieg t∫ ie 支 KI1 2a:已百支(HAk+KI)国、都支国、支惟国 支 k ieg t∫ ie 支 KI1? 1a:一支国(YIt+CHI)? 支 k ieg t∫ ie 支 KI1? 1b:爾支。SI/KI 支 k ieg t∫ ie 支 SI1? 1b:爾支。SI/KI 已 d i∂g y iei 之 YI3? 2a:已百支国。イ:やめる。YE/YI 惟 d iu∂r y iui 脂 YI2 2a:支惟国。ユイ、p.476。YI/YU 市 dh i∂g z iei 脂 ZI3? 4b:都市牛利 {凹/儿} ? z ii 脂 ZI2 1b:ジ馬觚 耆 dh ier z ii 脂 ZI2 4b:伊声耆。たしなむ・致す ──────────────────────────────── * :いきぎしじちぢにひぴびみいりゐ 支:・き・し・ち・に・ぴ・み−りゐ 脂:い・ぎ・じ・・・・・・・−り・ 之:い・・・・・・・・・・・−・・ 微:・き・・・・・・・・・・−・・ iet い・・・・・・・・・・・−・・ ─────────────────── い:いきぎしじち・に・ぴ・み−りゐ * 「支:kieg→t∫ie」を「KI」と読むのにはチト抵抗がある。「獲支 (WAk+KI)・已百支(HAk+KI)国」のように先行する文字の語尾が「-k」 である場合に限って「KI」と読み、他の場合は「TI」と読むべき出は ないか?。 * 「鬼:kiu∂i→KI4」という複雑な発音の漢字が使われているのは、 純粋かつ単純なK行「支」韻の 「kie」という文字がなかったためで はないか?。(K行「支」韻の語はすべて「KI/TI」になってしまう、 とか・・)。
【推定音がウ列のもの】 ──────────────────────────────── 母 m u∂g (mb ∂u) BU1 (卑奴母離) 不 p iu∂g p i∂u PU2 (不彌国。=丕:ふくれている) 投 d ug d ∂u 候 DU1? 1a:投馬国。投=豆=頭、1a:候→U 狗 k ug k ∂u 候 KU1? 3a:狗奴国。∂u→お 狗 k ug k ∂u 候 KU1? 3b:狗古智卑狗。∂u→お 狗 k ug k ∂u 候 KU1? 4b:掖邪狗。∂u→お 狗 k ug k ∂u 候 KU1? 1b:卑狗。 。1b:候→O/U 躬 k iong k iung -ng KUng 2a:躬臣国(-ng ZEn)。濁音先行 弓 k iong k iung -ng KUng 4a:卑彌弓呼。 鬼 k iu∂r k iu∂i 微 KUi? 2a:鬼国、鬼奴国。貴はキ乙。 母 m u∂g m ∂u 候 MU1? 1b:卑奴母離。1b:候→O/U 牛 ng iog ng i∂u 尤 GU2 4b:都市牛利 不 p iu∂t p iu∂t -t PUt 1a:不彌国 不 p iu∂t p iu∂t -t PUt 2a:不呼国 対 t u∂d t u∂i 灰 TU3? 1a:対馬国。去声(p.193)。 対 t u∂d t u∂i 灰 TUi? 1a:対馬国。去声(p.193)。 惟 d iu∂r y iui 脂 YU4? 2a:支惟国。ユイ、p.476。YI/YU ──────────────────────────────── * うくぐすずつづぬふぷぶむゆるう 候:・く・・・・づ・・・・む・・・ 尤:・・ぐ・・・・・・・・・・・・ 灰:・・・・・つ・・・・・・・・・ 脂:・・・・・・・・・・・・ゆ・・ -x:・く・・・・・・・ぷ・・・・・ ─────────────────── う:・くぐ・・つづ・・ぷ・むゆ・・ * ウ段にも甲乙がある??。 * ウ段がやけに少ない。??。「候:コウ」「母:モ/ボ」「投:トウ」 だからオ列か?。「卑狗」も「コ」と読みたかったりして・・。 * 中国語で、日本語のウ段を表わす語がないのか?。
【推定音がエ列のもの】 ──────────────────────────────── 海 mm ∂g h ∂i ?E3 (対海国?) 米 m er (mb ei) BE1 (難升米) 台 t' ∂g t' ∂i TE3 (邪馬台国・台与。三台星・三公・敬語) 台 di ∂g y iei YE2 (邪馬台国・台与。われ(代名詞)) 泄 d iad y iεi YEi (泄謨觚。多い) 獲 h^ uak h^ uεk -k WEk? 1b:獲支(WAk+KI)。上古音のはず?。 台 d ∂g d ∂i 灰 DE3 1a:邪馬台国。うてな 台 d ∂g d ∂i 灰 DE3 4a:台与。 佳 k eg k ai 佳 KE4? 1b:奴佳{革是}。KA/KE。 米 m er m ei 斉 ME1 4b:難升米 柄 p iang p iΛng -ng PEg 1b:柄渠觚(-ng gio)。濁音先行 泄 s iat s iεt -t SEt 1b:泄謨觚。-et+BO、濁音?。漏れる {革是}t er t ei 斉 TE1 1b:奴佳{革是}。「低」と同じ、 対 t u∂d t u∂i 灰 TE3? 1a:対馬国。去声(p.193)。TE/TU/TUi 対 t u∂d t u∂i 灰 TE3? 2a:対蘇国。TE/TU/TUi 載 ts ∂g ts ∂i 灰 TE3 4b:載斯 已 d i∂g y iei 之 YE2? 2a:已百支国。イ:やめる。YE/YI 掖 d iak y iεk -k YEk? 4b:掖邪狗 臣 gh ien z ien -n ZEn 2a:躬臣国。弁 bian-biεn がベ甲、 升 th i∂ng ∫ i∂ng -ng SEu 1b:彌馬升 升 th i∂ng ∫ i∂ng -ng SEu 4b:難升米 声 th ieng ∫ iεng -ng SEg 4b:伊声耆(-ng gii)。濁音先行 ──────────────────────────────── * えけげせぜてでねへぺべめえれゑ 斉:・・・・・て・・・・・め・・・ 之:・・・・・・・・・・・・え・・ 灰:・・・・・てで・・・・・・・・ -x:・・・せぜ・・・・ぺ・・え・ゑ ─────────────────── え:・・・せぜてで・・ぺ・めえ・ゑ * 「∂i:灰」が悩ましい。 「邪馬台 (と)国・台 (と)与」?。 「対(つ)馬国」?。灰韻→「あい」?。 * 「已:yiei:之」もどうかな?。已然のイ、 之のシだから 「YI」 か?。しかし、上では「ei」を「E1」と読んでいる。 「iei」を乙類 のように理解して「E2」としたが、「yi+ei」なので 「E1」でもいい はず。   * 「獲:h^uak h^uεk WEk? 1b」は、森さんは1類に置いているので (p.182)、 上古音で読むべきだということになるだろう。 (獲支 (WAk+KI)となる)。しかし、国名ならまだしも、官名が上古音で読ん だ時代の名称がそのまま残っている可能性はあるのだろうか?。上 古音で読んだのは倭国大乱の前だろう。その後、梯シュンが240年 に倭国を訪問しているので、官名はその時に確認したと見るべきだろ う。中古音で読むなら、「WEk KI」になってしまう。(p.207)。   * 『伊支馬=伊都+一支+対馬』    のように「獲支」が(昔からの)独立の官名だと考えれば、つじつまはあう。
【推定音がオ列のもの】 ──────────────────────────────── 模 m ag (mb o) BO1 (多模) 謨 m ag (mb o) BO1 (泄謨觚) 奴 n ag (nd o) DO1 (鬼奴国) 盧 hl ag (hl o) RO1 (末盧国) 與 h^ iag (H io) WO2 (台与。Hはワ行音?) 烏 . ag . o 模 .O1 2a:烏奴国 烏 . ag . o 模 .O1 4b:烏越 投 d ug d ∂u 候 DO4? 1a:投馬国。投=豆=頭、1a:候→U 渠 g iag g io 魚 GO2 1b:柄渠觚(-ng gio)。濁音先行 好 h og h au 豪 HO3 2a:好古都国 呼 h ag h o 模 HO1 2a:不呼国・呼邑国 呼 h ag h o 模 HO1 4a:卑彌呼。ヒミホ?卑彌弓呼。 觚 k uag k o 模 KO1 1b:ジ馬觚、泄謨觚、柄渠觚・・。平声。 古 k ag k o 模 KO1 2a:好古都国 古 k ag k o 模 KO1 3b:狗古智卑狗。上声 狗 k ug k ∂u 候 KO4? 1b:卑狗。 。1b:候→O/U 狗 k ug k ∂u 候 KO4? 3a:狗奴国。∂u→お 狗 k ug k ∂u 候 KO4? 3b:狗古智卑狗。∂u→お 狗 k ug k ∂u 候 KO4? 4b:掖邪狗。∂u→お 盧 hl ag l o 模 RO1? 1a:末盧国。1a:模→A 模 m ag m o 模 MO1 1b:多模。 謨 m ag m o 模 MO1 1b:泄謨觚。 母 m u∂g m ∂u 候 MO4? 1b:卑奴母離。1b:候→O/U 奴 n ag n o 模 NO1 2a:烏奴国、奴国、鬼奴国、Xの国? 奴 n ag n o 模 NO1 2a:彌奴国、姐奴国、蘇奴国、華奴蘇奴国 奴 n ag n o 模 NO1 3a:狗奴国 奴 n ag n o 模 NO1? 1a:奴国 。1a:模→A 吾 ng ag ng o 模 GO1 2a:為吾国 蘇 s ag s o 模 SO1 2a:対蘇国、蘇奴国、華奴蘇奴国 都 t ag t o 模 TO1 2a:都支国、好古都国 都 t ag t o 模 TO1 4b:都市牛利 都 t ag t o 模 TO1? 1a:伊都国。1a:模→A 與 h^ iag y io 魚 YO2 4a:台与。Hはワ行音? ──────────────────────────────── * おこごそぞとどのほぽぼもよろを 模:おこごそ・と・のほ・・もよろ・ 魚:・・ご・・・・・・・・・よ・・ 豪:・・・・・・・・ほ・・・・・・ ─────────────────── お:おこごそ・と・のほ・・もよろ・ * 「呼:ho→HO1」「好:hau→HO3」は 「PO」の発音上の変異と思われ る。(オ列に「PO」がなく、P行に「PO」だけがなく、H行には「HO」 しかないため)。 * 「與:yio→YO2」は「よ」を「yio」音であらわしたもので、「YO1」 と同視してもよい。 * 「渠:gio→GO2」は濁音であり、用例の「柄渠觚(-ng gio)」で濁音 を強調するために「-ng」音を先行させるなどの工夫をしているので、 その結果として「渠:gio」が使われたと考えられる。他の GO 音であ る「吾:ngo→GO1」では「ng」という子音が用いられている。

2002-01-05(土) 「ら」行があるのは不思議だ。「ら」行と「だ」行は通用するんだよね、 と思ったら、こんな表が見えてきた。 ┌─┬┬─┬┬─┐ │*││だ││ら│ ├─┼┼─┼┼─┤ │あ││・││ら│ │い││・││り│ │う││づ││・│ │え││で││・│ │お││・││ろ│ └─┴┴─┴┴─┘  「な」行でも同様の表になってしまった。「中国人は[m-]と[mb-]、[n-] と[nd-]とをそれぞれ相異なる音韻とは意識しませんでした」(『日本書紀 の謎を説く』森博達、岩波新書、p.106)らしい。 ┌─┬┬─┬┬─┐ │*││だ││な│ ├─┼┼─┼┼─┤ │あ││・││な│ │い││・││に│ │う││づ││・│ │え││で││・│ │お││・││の│ └─┴┴─┴┴─┘  「あ」行の少なさも疑問だ。むしろ「あ」行はなかったのではないか?。 ┌─┬─┬┬─┬┬─┐ │*│あ││や││わ│ ├─┼─┼┼─┼┼─┤ │あ│・││や││わ│ │い│い││−││ゐ│ │う│・││ゆ││・│ │え│・││え││ゑ│ │お│お││よ││・│ └─┴─┴┴─┴┴─┘    ↓  ↓  ↓ ┌─┬─┬┬─┬┬─┐ │*│あ││や││わ│ ├─┼─┼┼─┼┼─┤ │あ│・││や││わ│ │い│・││い││ゐ│ │う│・││ゆ││・│ │え│・││え││ゑ│ │お│・││よ││お│ └─┴─┴┴─┴┴─┘ 【推定音の集計】(妄想編) ┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬────┬───┬─┬─┬─┐ │*│あ│か│が│さ│た│ざだらな│はぱば│ま│や│わ│ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼────┼───┼─┼─┼─┤ │あ│・│か│・│・│た│ざ・らな│・ぱ・│ま│や│わ│ │い│・│き│ぎ│し│ち│じ・りに│・ぴ・│み│い│ゐ│ │う│・│く│ぐ│・│つ│・づ・・│・ぷ・│む│ゆ│・│ │え│・│・│・│せ│て│ぜで・・│・ぺ・│め│え│ゑ│ │お│・│こ│ご│そ│と│・・ろの│ほ・・│も│よ│お│ └─┴─┴─┴─┴─┴─┴────┴───┴─┴─┴─┘

異論・反論をお待ちしております。 たけ(tk)GGB03124@nifty.ne.jp談話室

powered by VZ editor (DOS) .. (^_^;) .. and .. Link to KOJIRO .. and .. Link to netscape ?? (^_^;)